Ј䑪ʐ݌v

 

実績があるから出来る。それは頼めば分かる。
業務・工事でお困りのかたはぜひご相談を!

発注者が求めるものも複雑高度化し、担当技術者の負担は増えるばかり・・・。
作業を手分けする体制も整っておらず、なぜかいつも忙しい・・・でも利益が低い。
こんな悩み解決します!

私たちは、多くのお客様のサポートをして実績を積んできました。
困難なシチュエーションを幾度も乗り越え、改良に改良を重ね現在の形態を確立しました。
そして多くのお客様から支持を得ております。だから “攻めます!強気で提案します!”
あらゆる業務でもこの姿勢は崩しません。迷わず頼め、頼めば分かるさ。

工事測量

路線

基準点測量
設計段階で設置した基準点の点検や新設基準点の設置を行います。
仮BM設置測量
既設BMの点検や設置したトラバー点に標高付けを行います。
中心線設置
道路センターや築堤法線など20m・50mと必要なピッチで設置、カーブ要素の設置も行います。
詳しくはこちら
縦断測量
設置した中心線の各測点を観測します。
横断測量
河川の横断など横断変化点にチャイン杭を設置する場合もあります。
横断図作成
横断測量結果をもとに横断図を作成し、必要に応じて型入れを行ったりします。
数量算出
土量などの数量計算を行います。

圃場

基準点点検
設計段階で設置した基準点の点検や新設基準点の設置を行います。
外周杭設置
暗渠工や区画整理、除礫や心破の外周杭を設置します。
配線杭設置及び地盤高調査(暗渠)
集水・吸水管の端点や中間点に見出し杭を設置
して地盤高の調査を行います。
配線点番図作成
設計図をもとに配線に点番・座標付けを行い、図面を
作成します。図面を見ながら暗渠管をならべたり、
掘削が行えます。
切深調書作成
調査した地盤高を調書に入力し、勾配の計算を
行います。

境界測量

境界測量
土地家屋調査士と現地調査・測量を行い、境界杭の復元や分筆登記など土地家屋調査士が行います。
詳しくはこちら

情報化施工

TS出来型管理
トータルステーションを用いて出来型を測定することにより、品質確保、効率化、コスト縮減が図れる。TS出来型を行うにあたっては、公共測量作業規定に基づく4級基準点と3級水準点、もしくはこれと同等以上のものを使用しなければなりません。
■3次元レーザースキャン
3Dレーザースキャナを用いて高精度な座標データを取得。離れた場所の座標も取得できるので立ち入り禁止区間等の人が入っていけない場所や、範囲の広い調査に活躍します。
■3次元データ作成
情報化施工を行うにあたり請負者は専用ソフトを用いて、基本設計データの作成が必要となります。
3Dレーザー測定の詳しい説明や3Dソフトを使った動画はこちら→ pe-ji

解析・診断・照査

コンクリート温度応力解析
マスコンクリート施工時の問題点であるセメントの水和熱による温度応力、及び温度ひび割れについての解析を事前に行い、コンクリート構造物の品質向上を図ります。3次元有限要素法による解析を行います。
コンクリート診断
コンクリート診断士がコンクリート構造物に生じた変状を調査し、対策を提案します。
設計計算書照査
設計経験者による設計照査をおこないます。

業務支援

総合評価支援
「施工計画」「技術提案」で高い技術点を取るためのポイントを説明、サポートします。
数量算出
工期間近や手間を省きたいお客様のために、数量算出を代行いたします。また各要領・体系化に則り、高い精度で提供いたします。
電子納品
電子納品に関するあらゆる業務を支援いたします。全てのおまかせから部分的なお手伝いなども対応いたします。
データ代行入力
代行入力により貴社のコスト縮減を図ります。また、高い入力精度により安心してお任せいただけます。
施工管理
経験豊富な技術者が、お客様からのあらゆるご要望に対して適切かつ効率的に対応し、質の高い技術を提供いたします。業務が滞りなく完了するようフォローアップし現場レベルでの包括的なサポートをいたします。
資料作成
多種多様な企画書、プレゼン資料を貴社の個性とアイデアを活かし常に満足いただける資料を作成いたします。

開発行為

開発行為
開発行為の企画・測量・設計・許認可申請代行を一貫してお引き受けします。
詳しくはこちら

 

 

トップ